土浦市中荒川沖町の小児科・内科・胃腸内科|鈴木クリニック

お問い合わせ029-841-7711

〒300-0875
茨城県土浦市中荒川沖町5-17

MENU
  • HOME
  • 内科・胃腸内科

内科・胃腸内科

新型コロナウイルス感染症疑いの方への対応(成人)

37.5度以上の発熱が2日以上持続し、慢性疾患に対して内服治療中の方や、加えて全身のだるさ、せき、頭痛、息苦しさなどの症状のある方は、あらかじめ帰国者接触者相談センターに相談してください。(連絡先は下記)

車で来院した方は車内待機し、その他の方も当院に電話で連絡ください(029-841-7711)。当院で診療を受ける時間は、恐れ入りますが、他の患者さんへの感染を避けるため、平日は一般外来の終了後、およそ18:00以降、土曜日は12:30以降となります。この時間でも、胸部エックス線検査やお薬の処方は可能です。感染拡大を防ぐため皆さんのご理解、ご協力をお願いいたします。

悠有会 鈴木クリニック 院長 鈴木有二

  • 帰国者・接触者相談センター(土浦保健所内)
    TEL:029-821-5342(平日9:00~17:00)
  • 厚生労働省 電話相談窓口
    TEL:0120-565653(9:00~21:00 土日、祝日も実施)

消化器内科

胃がん精密検診・大腸がん精密検診

内視鏡検査

消化器内科では、胃と腸はもちろんのこと、消化管や消化腺、肝臓など消化器官に生じる疾患を診察・治療を行います。
胃内視鏡検査(胃カメラ)、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、超音波検査(エコー)等を使って胃がんや大腸がん、胃・十二指腸潰瘍、肝疾患(肝がん、肝硬変)等の診断を行っています。
当院では、特に「痛みの少ない内視鏡検査」に力を入れており、新しい機器を導入することにより「安心・安全」な検査を目指しております。その他胃痛・腹痛、胃もたれ、胸やけ、むかつき、便秘・下痢、腹部膨満感、血便、食欲低下、体重減少など消化器症状のある方はご相談ください。

胃がん

胃が痛い男性

50歳以上の男性に多く見られます。ヘリコバクター・ピロリ菌の胃炎にかかった人は、胃がんになりやすいといわれています。胃の粘膜下層にとどまっている早期胃がんの場合は、手術により90%以上が治療可能です。さらに、粘膜下組織までしか浸潤せず、リンパ節転移もない場合は内視鏡的な治療も可能です。
しかし、この時期には自覚症状がないため、定期検査(胃の内視鏡やレントゲンなど)で見つけるしかありません。進行胃がんでも、早期発見が鍵となるでしょう。

TOP