土浦市中荒川沖町の小児科・内科・胃腸内科|鈴木クリニック

お問い合わせ029-841-7711

〒300-0875
茨城県土浦市中荒川沖町5-17

MENU
  • HOME
  • お知らせ
  • 5歳~11歳の小児用新型コロナワクチン接種について

5歳~11歳の小児用新型コロナワクチン接種について

~当院の考え~

コロナウイルス感染に関しては子供たちの社会生活を脅かし精神的な影響や発達面の問題があります。身体面に関しては、仮に感染したとしても重症化することはまれです。
小児用コロナワクチンについては児の新型コロナウイルス感染症による重症化を防ぐ可能性はありますがそもそも重症化することはまれです。そのため、基礎疾患(小児科学会のホームページを参照)を持つ児に対して優先的に接種したほうがよいとされています。軽度な喘息や単純な便秘などは含まれません。
ただ、研究データが集まったことにより小児科学会では「意義がある」から「推奨します」と変更がありました。(令和4年8月10日)
副反応に関しては、成人と同様又はそれよりも少ないとされています。少し腫れるような反応を含め約5割の児に副反応があり、1割くらいの児に熱が出ることがあります。mRNAワクチンという種類はDNAに直接影響を及ぼすものでないため将来的な影響が出る可能性は少ないとされています。
流行初期のアルファ株に対しては90%程度の予防効果があるとされていますが、現在流行しているオミクロン株に対しては直接効果があるという根拠はありません。
接種する際は児にもパンフレットなど用いて説明し意思を尊重しつつ決定してください。任意のワクチン接種であり、無理やり接種するようなことはできません。またほかの患者さんもいるため、接種までに長時間かかってしまう場合は待っていただくかキャンセルさせていただくこともあります。

最後にわたくし個人の意見としましては、他の定期の予防接種などと比べ必ずしも接種した方がよいとは考えておりません。ですが、ご希望があれば接種させていただくという考えです。気になることがありましたら接種前にご来院いただき相談していただければ幸いです。

※参照:小児科学会のホームページ
https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=404
(外部サイトが開きます)

令和4年8月29日
医療法人悠有会 鈴木クリニック 小児科 鈴木悠介

令和4年8月29日
医療法人悠有会 鈴木クリニック 小児科
鈴木悠介

TOP